免疫ビタミンLSP(エルエスピー)成分の色々なはたらきをもっと!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

 

あみぃです。

前回、【LSP】が花粉症の方々の強い味方で

この【LSP】が不足すると

花粉症の症状が出やすいので

しっかり採ったほうがいいってことを

お伝えしたのですが、

その他にもたくさんの

よい効能があることが判明!

お伝えしたいと思います。
 

まずは(やっぱり)花粉症

 

花粉症って、よく冗談のように

「キャパを超えたら出るらしいよ」

なんて話したりしますが、

あながち間違いではなく。

免疫細胞に【Th1】と【Th2】という

ものがあり、バランスが保たれていれば

症状が出ないのですが、

この【Th2】が優位になってしまうと、

花粉症が発症するのです!

キャパ超えるって表現、

割と当たっています(笑)

【LSP】はこの【Th1】が

優位に働くのを助けてくれるので、

花粉症が発症していない方、

今から【LSP】採りましょう!
 

アトピーの方、朗報です。

 

アトピー性皮膚炎で苦しいのが、かゆみ。

でもこの【LSP】で活性化された、

免疫細胞の【マクロファージ】が

炎症をケアしてくれるんです。

それと、【LSP】には

ステロイドの副作用を減らす働きが

あるという研究結果があります。

【LSP】と採るようにした患者さんから

2ヶ月ほどでかゆみが減って

楽になったという声もあるとの事です。
 

インフルエンザにも効果あり。

 

【LSP】のサポートにより

活性化された【マクロファージ】が

ウイルスに働きかけて

ワクチンの効果を高めるとのこと。

ワクチンの投与と同時に

【LSP】を舌下投与すると、

小さな子供やお年寄りの生存率が

大きくアップするのです。

この舌下投与、すごく意味があって

注射だけだと、粘膜免疫に必要な

[IgA抗体]が作られず

粘膜からのウイルスの侵入が

防げないという弱点が!

それに対して、【LSP】を

ワクチンと共に舌下投与すると

喉や口腔の粘膜に[IgA抗体]が

作られ、しっかりケアできるのです。
 

ちょっと豆知識

 

最近、除菌が手軽にできるような

除菌スプレーなどの、

『抗菌・殺菌・除菌』のグッズが

たくさんあって、清潔な環境を

つくりやすくなっていますが、

やり過ぎてしまうと

身体にある皮膚の常在菌を

減らしてしまい、それによって

免疫力を下げてしまう心配が。

ほどほどにしておいたほうがいいようです。

 

 

****************